温かみのある家にしたいならスウェーデンハウスに依頼しよう

男の人

気候とうまく付き合うため

設計

湿気の排出や吸収

冬でも湿度が70%ほどになることの多い京都では、住宅における湿度調節が重要と言えます。うまく湿度を調節できれば、屋外の湿度が高い日でも、屋内は比較的カラッとした状態になるのです。そのため京都で快適に暮らすことを希望する多くの人が、注文住宅をマイホームとしています。全国の平均的な湿度に合わせて建てられている建売住宅と異なり、注文住宅では京都の湿度に合わせることができるからです。京都で特に高い需要があるのは、床下換気口と天井換気口とが設置された注文住宅です。この注文住宅では、床下から入ってきた空気が、湿気を集めながら屋内を循環し、天井から屋外へと放出されていきます。これにより屋内は、湿気の少ない状態で安定することになるのです。また床下からは冷たい空気が入ってくるので、この注文住宅には夏でも涼しく過ごすことができるというメリットもあります。京都では、夏に35度を超えることも少なくないので、その点からもこの注文住宅は評価されています。また、湿気を吸収する素材を多用した注文住宅にも、高い需要があります。たとえば床下に竹炭が敷かれていたり、床板が無垢材、壁が漆喰となっていたりする注文住宅です。これらは湿気を吸収するだけでなく、湿度が低い日には、内部にたまった湿気を放出するので、それによって屋内では乾燥も防止する事が可能です。このように注文住宅では、京都の気候とうまく付き合いながら暮らすことができるのです。