温かみのある家にしたいならスウェーデンハウスに依頼しよう

男の人

古都で中古住宅を購入する

間取り

現地を何度も見学する

鎌倉市は神奈川県の東南部に位置する都市です。鎌倉市は鎌倉幕府が置かれた場所で、市内には多くの寺社や歴史的な建物や遺跡がある古都です。鎌倉市の南側には温暖な相模湾に面しており、若者には人気のエリアとなっています。鎌倉市内の中古一戸建てを購入して、リフォーム工事を行ってマイホームとする者が増加しています。中古一戸建て住宅は、新築住宅に比較して安く購入できるため、若いサラリーマン層の人が購入しています。中古一戸建て住宅を購入する際には、現地を何度も確認する必要があります。中古一戸建て住宅の現地を確認する際には、朝、昼、夜などの時間帯や晴天以外の雨天の日など、時間や天候などを変えて確認することが効果的です。交通量の多いメイン道路や鉄道に面している場合には、朝や夜の騒音の状況を確認することができます。また、雨天時では、土地の水はけの状況を確認することができます。中古一戸建て住宅を購入する際には、家屋の登記簿謄本で建物の建築年数を確認する必要があります。1981年以前に建築された建物には、旧耐震基準が適用されていることから、耐震性が不足する場合があります。中古一戸建てを住宅ローンを使用して購入した場合には、住宅借入金等特別控除と呼ばれる住宅減税を受けることができます。住宅減税の対象となる住宅は、建築年数が20年以内となっていますので、注意が必要です。中古一戸建て住宅を購入する際には、天井裏や床下の状態も確認する必要があります。床や押入れなどには点検口が設置されていますので、天井裏に雨漏りがないか、床下の柱にシロアリの被害がないかなどを確認することができます。